空色散歩 ~旅写真日記~

世界の空と世界の街がテーマの、空色な旅写真ブログ。+世界遺産の旅写真も+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

写真新世紀展 | 東京都写真美術館

写真新世紀展 東京都写真美術館
≪写真新世紀 | 東京都写真美術館≫ Canon EOS50D + Canon EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM


先日、『東京都写真美術館』 で行われていた 

『写真新世紀』 展を見に行ってきました。


この 『写真新世紀』 はキヤノンが主催する写真コンテストで、

若手写真家の登竜門ともいわれているコンテストです。


いつもは、キヤノンのホームページ上で受賞作をみるだけなので、

ちょっと散歩がてら、恵比寿ガーデンプレイス内にある

『東京都写真美術館』 まで行ってきました。


やはり「生」で見る写真はいいですね。

このコンテストは「見せ方」も審査の対象となるだけあって、

展示方法も工夫されたものばかり。


私も若手作家から強いインスピレーションを受けました!

影響を受けて、明日から私の写真も変わるかも!?



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 旅色な話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『プノン・バケン』の夕日 | カンボジア アンコール遺跡群

プノン・バケンの夕日
≪ 「プノン・バケン」 から眺める夕日≫ Canon EOS50D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM


「アンコール・ワット」 をはじめとするアンコール遺跡群の中には、

夕日スポットがいくつかあります。

その中で1番人気なのが、この 『プノン・バケン』 です。


『プノン・バケン』 はアンコール遺跡群の中でも由緒正しい遺跡なのですが、

遺跡そのものよりも夕日スポットとして有名になってしまっています。


そんな 『プノン・バケン』 ですが、その場所はこれまた人気スポットの

「アンコール・トム」 の南大門のすぐ南側に位置しています。


昼間通るとその入口すら見落としてしまいそうになりますが、

夕方になると「ここは本当にカンボジアか?」と思うほどの台数の

トゥクトゥクやマイクロバスが道路の両側に並ぶのですぐにわかります。


それほどに、人気スポットなんですよね。

私が行った時も、ものすごい人でした。


あまりにも人気スポットで人が多すぎるので、ここでの夕日撮影は

パスしようと思いましたが、逆にあまりの人気さゆえに、

「世界の夕日を撮り歩く」写真家としては絶対に外せない

撮影ポイントになってしまいました。


そんな 『プノン・バケン』 の夕日も絶景でした。



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
関連記事
別窓 | 世界の朝日&夕日 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 空色散歩 ~旅写真日記~ |




                  

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。