空色散歩 ~旅写真日記~

世界の空と世界の街がテーマの、空色な旅写真ブログ。+世界遺産の旅写真も+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

バクセイ・チャム・クロン | カンボジア アンコール遺跡群①

バクセイ・チャム・クロン
≪バクセイ・チャム・クロン≫ Canon EOS50D + Canon EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM


世界遺産 アンコール遺跡群:『バクセイ・チャム・クロン』(Baksei Chamkrong)

まず最初に紹介するのは『バクセイ・チャム・クロン』

とてもいい場所にありながら、ほとんどの人がその存在すら知らずに

通過してしまうので、ぜひとも最初に紹介しておきたい遺跡なのです。


『バクセイ・チャム・クロン』は、アンコールワットからバイヨンに向かう途中、

アンコールトムの入口 『南大門』 のすぐ手前の左側(西側)に位置しています。

南大門の四面仏と108体の阿修羅像があまりにも印象的で遠くからでも目立つため、

ほとんどの人はそちらに気を取られてしまいます。

そのため、この『バクセイ・チャム・クロン』の存在すら気がつかず、

見落としてしまうのです。


写真のように、アンコール遺跡群の中に多く見られるピラミッド型の遺跡ですが、

3段の基壇の上に祠堂が1塔が載るという、とてもシンプルな形をしています。

遺跡群の中でも初期の建立で、ピラミッド型の基礎となった遺跡ともいわれています。


道路のすぐそばにあり、2、3分で一周できる遺跡なので、自由行動できる方は

『南大門』 を見る前にぜひどうぞ。


(世界遺産:アンコール遺跡群 / Angkor)

便利な本:「旅の指さし会話帳 カンボジア」

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アンコール遺跡群 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 空色散歩 ~旅写真日記~ |




                  

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。